構造計算が必要な場合

構造種別 該当する建築物
木造 木造建築物で高さが13m又は軒の高さが9mを超えるもの
鉄骨造 以下のいずれかに該当するもの
  • 地階を除く階数が4以上であるもの
  • 高さが13m又は軒の高さが9mを超えるもの
  • 架構を構成する柱の相互の間隔が6m(地階を除く階数が2以下の建築物で各階の偏心率が100分の15以下であること等の条件に適合することが確かめられたものにあっては、12m)を超えるもの
  • 延べ面積が500u(平屋建ての建築物で上記の条件に適合することが確かめられたものにあっては、3,000u)を超えるもの
  • 地震力の標準せん断力係数を0.3に割り増して許容応力度計算をした場合に安全であることが確かめられたもの以外のもの
  • 水平力を負担する筋かいの軸部が降伏する場合において当該筋かいの端部及び接合部が破断しないことが確かめられたもの以外のもの
鉄筋コンクリート造若しくは鉄骨鉄筋コンクリート造又はこれらの構造を併用するもの 以下のいずれかに該当するもの
  • 高さが20mを超えるもの
  • 地上部分の各階の耐震壁等の水平断面積が一定量未満のもの
  • 地震力によって構造耐力上主要な部分に生ずるせん断力として一定の設計用せん断力を用いて許容応力度計算をした場合に安全であることが確かめられたもの以外のもの
組積造又は補強コンクリートブロック造 地階を除く階数4以上であるもの
木造、組積造、補強コンクリートブロック造及び鉄骨造のうち2以上の構造を併用する建築物又はこれらのうち1以上の構造物と鉄筋コンクリート造若しくは鉄骨鉄筋コンクリート造とを併用するもの 以下のいずれかに該当するもの
  • 地階を除く階数が4以上のもの
  • 高さが13m又は軒の高さが9mを超えるもの
  • 延べ面積は500uを超えるもの
  • 鉄骨造の部分を有する階が以下のいずれかに該当するもの
    1. 架構を構成する柱の相互の間隔が6mを超えるもの
    2. 地震力の標準せん断力係数を0.3に割り増して許容応力度計算をした場合に安全であることが確かめられたもの以外のもの
    3. 水平力を負担する筋かいの軸部が降伏する場合において当該筋かいの端部及び接合部が破断しないことが確かめられたもの以外のもの
  • 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造の部分を有する階の耐力壁等の水平断面積が一定量未満のもの
  • 木造と鉄筋コンクリート造の構造を併用する建築物で以下のいずれかに該当するもの
    1. 地階を除く階数が2又は3で、かつ1階部分を鉄筋コンクリート造とし、2階以上の部分を木造としたもの以外のもの
    2. 地上部分について地震力によって生ずる層間変形角が200分の1を超えるもの
    3. 地上部分について2階以上の各階の剛性率が100分の15を超えるもの
    4. 1階及び2階以上の部分について一定の構造計算を行ったもの以外のもの
床版又は屋根版にデッキプレート板を用いたもの デッキプレート版を用いた部分以外の部分(建築物の高さ及び軒の高さについては当該屋根版を含む)が構造計算適合性判定の対象建築物の該当するもの
床版又は屋根版に軽量気泡コンクリートパネルを用いたもの 軽量気泡コンクリートパネルを用いた部分以外の部分(建築物の高さ及び軒の高さについては当該屋根版を含む)が構造計算適合性判定の対象建築物の該当するもの
屋根版にシステムトラスを用いたもの 屋根版以外の部分(建築物の高さ及び軒の高さについては当該屋根版を含む)が建築基準法第20条第4号に規定する建築物に該当するもの以外のもの
骨組膜構造 以下のいずれかに該当するもの
  • 骨組等で囲まれる膜面の部分の面積が300uを超えるもの
  • 支点間距離が4mを超えるもの
  • 屋根の形式が切妻屋根面等でないもの
  • 骨組の構造が構造計算適合性判定の対象建築物に該当するもの
パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画 大峰山とは
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請mem